剣道再開組の中年剣士が生活習慣病と戦いながら剣道修行


by jdmn
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ニューヨークから片岡先生がやってきた

5月10日(月)
ニューヨーク剣道クラブの片岡さんがやってきた

 ニューヨーク剣道クラブの代表が片岡昇さんです。剣道7段です。渡米してすでに20年以上経ちます。ニューヨークにはいくつかの道場がありますが、同クラブは門人数も多く、先生の人柄か何年にも渡って稽古に励むニューヨーカーは多いです。稽古に通うのは、当然外国人ばかりではありません。ニューヨークで生活する商社マンや留学生など学生時代に剣道をやっていた方が、この機会にもう一度竹刀を握りたいと通っているそうです。

 片岡先生のもうひとつの顔が俳優です。マイケルダグラス主演のブラックレインでは、高倉健の息子役で出演しています。そしてもうひとつの顔が、英語発音セミナーのトレーナーです。自分が長い間ネイティブに通じる英語で悩んでいたとき、日本人のための英語発音の上達法を開発したのです。

 長年アメリカで生活している人でもなかなか難しいのが英語の発音だそうです。発音次第でまったく違う意味の言葉になり、当惑したり恥ずかしい思いをすることも少なくないのです。

 そんなこと気にしていてはコミュニケーションは取れませんが、それでもきちんと通じれば素晴らしいことです。片岡先生の発音上達法は画期的なもので、アメリカではロングセラーになっているそうです。

 実は今回の帰国の目的は、この教材をベースにしたセミナーの開催です。講師として東京、広島、神戸でのセミナーをこなし、その合間にも稽古に励んでおられました。

 実は私どもの会社でもこの春から先生の教材を扱うことになりました。230ページにも及ぶテキストとテープ6本で構成されているものです。このことにつきましては、機会を見てお知らせしたいと思います。

5月11日(火)
 剣道家が主役のミステリーを読みましたか

 「城崎・松山 剣魂の殺人」というタイトルです。作者は大野優凛子(ゆりこ)さんです。PL学園剣道部OBというからビックリです。そうでなければこれほどのストーリーは作れません。

 表紙ウラの作者の言葉で「何が正義で、何が犯罪かをテーマに書いた。そのためにも懸待一致の精神を持つ剣道をモチーフにする必要があった」と書いています。

 犯人を追い詰める警部は元特錬出身、捜査の才能を買われて刑事部へ配置換え、物語の随所に剣道を知っている、剣道を愛するものならではの話や仕掛けが織り交ぜております。
 
 感動の結末は泣かせます。どんな結末に持っていくのか興味津々で読みました。最後のきめは、まさに「懸待一致」の精神が反映されております。

 土曜日の稽古に米山さん、関口さんが参加される予定です。両氏ともに5段ですが、とりわけ米山さんは先日の6段審査(京都大会)に挑戦したばかりの実力派。県連の予備審査や稽古で磨きを掛けたあとの挑戦でしたが、残念。

 わずか1分そこそこの立会いで、合否を判断されるその根拠は何か。5段までの昇段判定とは明らかに違うものがあるのでしょう。まだまだ未熟な私などが口にするのもおこがましいのですが、昇段試験そのものを受けた後の彼の剣道が変わりました。楽しみにしてください。
[PR]
by jdmn | 2004-05-11 16:05 | 稽古日誌