剣道再開組の中年剣士が生活習慣病と戦いながら剣道修行


by jdmn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 12月1日、2日(土、日)に講習会
「昇段審査のための剣道クリニック」
 
 稽古時間がなかなかとれない一般社会人剣士に朗報

 「悩める剣士に贈る 剣道昇段審査合格術」の著者で
知られる吉山満先生は、まさに悩める社会人剣士の求
めに応じて、全国どこでも飛んできてくれるという。

 それならばと私も試しに、無謀にも先生に電話をしてし
まいました。吉山先生の著書も読んでおり、何といっても
述べられている内容は「一般社会人の方」を対象にという
かきだしから始まっています。リバイバル剣士といわれる
一般の剣道愛好家にとっても強い味方です。

 剣道日本の編集部の方を介して連絡を取り、さっそく講
習会の依頼をしてみましたところ、快く引き受けていただ
きました。

 何でも埼玉は青春の地、思いで深いところだそうで、話
はトントン拍子で決まってしまいました。

 「四段受審を19年経験し、五段は7回落っこちましての反省」と、
中見出しにもあるように、昇段審査にはずいぶんご苦労さ
れた時期もあるようですが、六段と七段は京都で一発合格です。

 そんな吉山先生の体験から得た剣道観、効果的な稽古
法、そして昇段審査に臨む際の心構え、審査に関するノウ
ハウなど是非お伺いしたいと思います。

 期日は12月1日、2日(土、日)
 会場は埼玉県(場所は未確定)

 両日共に朝9時から夕方まで講義と実技、稽古です。
凄く中身が濃いメニューです。

 会費は参加者の人数によって変動しますが、会場同様に
まだ未定です。

 参加を希望あるいは検討される方はメールでご連絡ください。
2日間の主な内容と吉山先生のプロフィールを返信します。

連絡先 shiota.nobu@gmail.com 塩田まで
 

 
[PR]
by jdmn | 2007-10-22 01:19 | 最新のニュース
 中学校の保健体育の授業で武道が必修化されそうだ。
なんでも「礼儀や日本の伝統文化を伝える」ためだそうだ。

 これは昨年12月、改正教育基本法の成立を機に具体
化したもの。更に今年2月、教育再生会議が「武道などを
通じて、徳目や礼儀作法、形式美、様式美を身につけさせ
る」と提言したのだ。

 剣道や柔道の愛好家の間でも「競技人口の底辺拡大に
も良い機会」「礼儀・礼節を尊ぶ日本人の基本教育だ」とい
った期待感を持って受け止めているようだ。

 果たして現実はどうか。授業の一環で教える「武道」にそ
んな教育効果が期待できるのだろうか。

 実際、授業での指導は週に1回程度。指導のほとんどは
技の説明と実戦練習になるらしい。道場と違って生徒は授
業として受けている。基本をひたすら重ねて強くなる指導は
難しいだろう。

 武道というよりスポーツとしての側面が強調されるだろう。
授業の中で武道の「精神性や伝統」を教えるには、経験の
ある教師が必要だが、現実には剣道や柔道の経験のある
教師がどれほどいるのか疑問だ。

 言葉にすればもっともな話ではあるが、実際の教育の現
場でどう伝えるのか、更に具体的な指導の在り方をきちん
と議論するべきだろう。

 その意味では、今回の武道の必修化に関連して教育の現
場の声があまり上がってこないのが気にかかる。

 
[PR]
by jdmn | 2007-10-15 04:07 | 独り言
 日本相撲協会がゆれている。朝青龍問題がどこかへ吹っ飛んでしまった。

 時津風部屋での新弟子死亡事件である。

 事件の経過については、連日マスコミが取り上げスポーツ界に限らず多くの
人の関心の的となっている。

 そんななか、夕刊紙の連載4コマ漫画を見て思わずため息が出てしまう。

 好きな作家であるやくみつるさんの「嘆きの週アタマ」を見てのこと。
相撲部屋の親方衆の再教育が必要とばかり、「親方教習所」を設置。

 指導者である民間のサラリーマンサービス業指導者が、「もっと頭を垂れる。
前屈できんのかキサマラ」と、北の海理事長や時津風親方らの竹刀で叩いて
いるのである。

 風刺漫画としては笑えてもこういう場面で、いつもの必須アイテムよろしく
「竹刀」が登場するのはどうかと思ってしまう。

 50以上ある相撲部屋に行けば、土俵脇にはかならずあるのが竹箒と竹刀
だろう。この事件で知ったが、最近は金属バットも使うようだ。

 竹刀はどのようなものかここで論じるつもりがないが、しごきや精神注入、
気合を入れるなどどんな理由があるにせよ、日頃の稽古でも竹刀の扱いに
は十分注意をはらう剣道愛好家の一人としては、いまひとつ腑に落ちない。

 竹刀で新人力士を叩く親方衆に一度聞いてみたいものだ。なぜ竹刀なのか。

 けがをさせず気持ちを伝えるにはもってこいだから、壊れにくく経済的、
神聖な精神注力棒のひとつ、バットより見栄えがいい、同じ日本文化、伝
統がある武道だから。

 以上のような回答が想定されるが、果たして真意のほどは。
[PR]
by jdmn | 2007-10-02 13:23 | 独り言