剣道再開組の中年剣士が生活習慣病と戦いながら剣道修行


by jdmn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 中年の星、西澤ヨシノリ(41歳)ボクシング東洋太平洋王座の初防衛に失敗

 30日、東洋太平洋ライトヘビー級タイトルマッチ(後楽園ホール)で、王者の西沢ヨシノリ(41)は同級1位のヒース・ステントン(31)(豪州)に0―3の判定で敗れた。

 世界や日本のタイトルを含めた国内歴代最年長チャンピオンだった西沢が、初防衛に失敗した。国内の各マスコミは「日本ボクシングコミッション(JBC)は、11日に41歳になった西沢に対し、健康管理のための引退勧告も検討している」と、一斉に報じた。戦績は28勝(16KO)17敗5分け。

 実は西澤選手は、日本のプロボクシング界史上最高齢のチャンピオンだった(41歳・東洋太平洋ライトヘビー級王者)。今春、世界タイトルに挑むと宣言していたのだ。そのためにも今回の防衛戦は、何としても勝たなければならなかったのだ。

 ボクシング協会ではボクサーの定年は37歳と決められているが、チャンピオンの西澤は条件付きで定年延長が認められていたのだ。なんとその条件とは「負けたら引退」である。西澤には後がない。

 そんな彼の試合には、全国から中高年のファンが集まり、熱狂的に応援している。西澤の生き様と自らの人生を重ね合わせ生きる励みにしようというのだろうか。中高年ファンは彼を「中年の星」と呼ぶ。

 29日のNHKの番組でも紹介されていたが、スポーツ医学の専門医師によると、西澤の身体能力の分析を通して、中年になっても進化し続けているというから驚きだ。これも日頃のトレーニングの成果だろうか。

 毎日のランニングのなかでも3分の全力疾走を12回やる。試合と同じだ。筋力トレーニングも欠かせない。食事の際は左で食べる。そんな彼の左右の握力はほぼ同じ。腹筋や脚力、背筋は20代という。

 今年41歳の身体能力は毎年若くなっているというから驚きだ。専門の医師が言う。人間はどんなに年をとっていても鍛えればそれだけなんらしかの成長がある。
 
 ボクシングほど過酷なスポーツはない。その世界でひたすら自らを鍛え上げ、世界チャンピオンを目指していた西沢だが、惜しいかな判定負けである。倒されてKO負けならあきらめもつくが・・・。

 それはそれで彼の生き様は、私たち中高年の星であったことは間違いない。ひたすらトレーニングに打ち込む彼の姿は、けして忘れることはない。おっと、もしかしてまだ彼は挑戦し続けるかもしれない。あきらめるのは早すぎる。よくやった西澤。
[PR]
by jdmn | 2007-01-31 00:49 | 最新のニュース
 私の稽古仲間であり、同様のリバ剣士のペンネーム左馬之助さんは、いつも貴重な剣道情報や感想をコメントしてくれます。ある日の飲み会で世界の剣道道場は、コムドー(韓国剣道)の道場が多いのか、そのあたりの事情について聞いたことがありました。

 世界の剣道事情について豊富な情報源を持つ彼のことですから、さっそくいくつかのコメントを寄せていただきました。以下にコメントを抜粋させて改めて紹介させてもらいます。

(コメントから)
 「丁度、元ベルギーナショナルチームのコーチをしていた後輩が、仕事で上京したので、質問しました。「ヨーロッパもアメリカも、いろいろな所に行きましたが、そういうことはない。」と断言していました。

 「ヨーロッパの国からは、財政的な援助を受けるため、GAISF(国際競技連盟連合)には、加盟して欲しいとの強い要望があったとのことです。やはり、援助の関係で、ヨーロッパの国でも、オリンピックへの参加を希望する国もあるとのことです。現状は、多くの国が否定的とか」

 「彼(情報源の友人)は、先日、イタリアから訪日した剣士と知り合いになり、4月に、彼がイタリアへ出張の際、イタリア人を指導してくれる様に依頼されたとか。会社の社長をしていて、ローマに個人の道場を持っているとのこと。単に剣道だけで、世界が広がるのは、素晴らしいですね」

 「世界大会の際、誰でもが参加できる稽古会に、日本人選手団が参加していなかった。」という話を聞いて、悲しくなりました。世界大会の目的の一つに、各国の剣士との交流というものがあると思います。世界中から集まった剣士は、一瞬でもいいから、日本人選手と剣を交えたかったのではないでしょうか。日本人のサインを求める人もいたわけですから」

 「世界選手権も、京都大会と同じ様なシステムにすればいいのではないか、とおっしゃる方もいますが、それもいいかもしれません。勝ち負けに、走らなくなる。貴重な機会をとらえて、交流をはかることが、剣道の普及につながると思います」

 「昨年、中国で初めての昇段審査が行われた際、訪中していた全剣連の会長が、中国人の剣士と稽古をしたという話を当時、北京に駐在していた後輩から聞いて、嬉しく思いました。きっと中国人にとって、いい思い出となり、中国剣道連盟を立ち上げてくれる機縁になるかと思います。日中友好は、剣道から」

 「商社に勤務する後輩が、アメリカ西海岸に駐在していた時、車を飛ばして、あちこちの剣道場へ、稽古に行ったそうです。中には「なんちゅう強いアメリカ人がいるんや」と、驚いたそうです。後で、わかったことですが、元アメリカ代表だったとのことです。
アメリカへは、日本の先生が、数多く、指導に行かれているようです。NYに駐在していた彼も、アメリカで、宮崎選手と稽古をしたと言っていました」

 「ヨーロッパに駐在していた後輩は、車に防具を積んで、イタリアの北からずっと南まで南下して、各地の道場で稽古をして楽しんだそうです。イタリアは、それだけ、全国的に稽古場があるということでしょう」

 「香港から、この間の合宿(会社の)に、参加した後輩がいました。香港では、お子さんと一緒に、剣道の稽古に励んでいるとのことでした。羨ましいですね。世界選手権への出場国で、一番交流があるのが、香港ではないでしょうか。近いだけに、海外駐在経験者は香港で稽古した経験が多いし、また、香港からも日本へ稽古をしに来ています」

 「10月(昨年の)には、ロシアチームが日本で合宿をしたとのことです。国を挙げて、強化しているのでしょうか」

 「警察官の後輩は、ブルガリアに駐在していた時、剣道を、少し稽古したそうです。警察官でも、海外駐在があるんですね」

 どうですか。凄い情報源ですね。ニューヨークの剣道クラブで稽古したことがありますが、また彼らと稽古がしたくなりました。
 左馬之助さんまた情報をお願いします。
[PR]
by jdmn | 2007-01-29 16:18 | 独り言
 先週土曜日に私たちの道場へ稽古に来てくれたのは、剣道世界大会でごいっしょした2家族の小学生剣士3人でした。日頃、北区王子の道場で稽古されている彼らは素晴らしく元気な稽古振りで、当道場の子供たちにとってもいい刺激となりました。

 そんな彼らの親御さんからのお土産が、江戸最後の地酒「丸真正宗」でした。北区赤羽の岩淵にある小山酒造が造っているお酒です。23区内で唯一の酒蔵と言われております。東京都下には、まだ酒蔵はあるようですが、都内ではここだけです。

 130年の歴史を誇る小山酒造ですが、酒造りにはなかなか苦労されているようで、後裔者の育成が大変ということらしい。あえて香りを抑えた酵母を使うなど、作り方に酒蔵もとの工夫と苦労があるようです。「いくら経験者でも3年くらいかけてやっとうちの味が出せるようになる」と。小山社長。

 酒と言えば水、肝心の水は地下1,300メートルから湧き出て豊富で、水に困ることはないそうです。4代目の小山社長はなかなかのアイデアマンで、20種類あるお酒以外に最近は発泡酒に挑戦したといいます。

 実はこの話、今日お昼のラジオの放送で聞いた話です。ゲストになぜか小山社長が出ておりました。あの「丸真正宗」の話をしていると、聞いて思わずメモを取りました。発泡酒をぜひ飲んで見たいと思います。

 明日、赤羽へ行って買ってくるかな。
[PR]
by jdmn | 2007-01-24 23:54 | 独り言
  21日に出直し宮崎知事選の結果が出た。そのまんま東氏が圧勝である。投票終了から何と3分で当確が出た。ある新聞は「瞬殺だった」と報じた。民主、社民両党や連合に加え、自民県連の一部からも支持を集めた元林野庁長官川村秀三郎氏に約70,000票差をつけた。自民、公明両党の推薦を受けた元経済産業省課長持永哲志氏には145,982票差、ダブルスコア以上の大差である。この選挙にはたいへん興味を持って見守っていたので、同氏の勝利は予想していたものの、この大差には驚きだ。

 新聞各社は、抜群の知名度を生かしたそのまんま東氏のしがらみのなさをアピールし、県内各地で無派層や幅広い年代に浸透したのが効を奏したと分析。実は具体的に言えば彼は官製談合に関係した職員の懲罰強化や内部通報制度の整備など入札制度改革を主張している。さらにはロケ地誘致、観光客誘致などわかりやすい政策を取り入れての財源捻出「単年度350億円捻出」など数値目標を盛り込んでの公約など、政策論争もリードしていたのだ。

 各政党は宮崎県民の官僚や政治家に対するウンザリ感をわかっていなかった。宮崎県都城市出身のそのまんま東氏が「宮崎を変えんといかん」と宮崎弁で演説するその姿は、タレントそのまんま東ではない。芸能人や著名人らの応援に頼ることなく、県内をくまなく回り、握手を繰り返す徹底した草の根選挙を展開した。この姿に宮崎県民は「この男はまじめで誠実だ」と意気に感じたのだ。

 他の候補者からも「芸能人やタレントが応援に来てくれたら、しょせんタレント候補というイメージになったのに」の本音も聞かれたという。確かに仮にタレント仲間が大挙して応援にきたらマスコミ、それも芸能担当者が押し寄せ本来の選挙戦の争点が、あらぬ方向へ行ってしまったろう。

 マスコミは地味な選挙戦に徹し、ひたすら走る同氏の選挙戦を見て泡沫候補と評した。保守分裂が要因としたマスコミの分析は、そのまんま東氏の本気度、情熱、集中力を知らない。彼は専修大学経済学部を卒業後、ビートたけしの一番弟子になり、たけし軍団のリーダー的存在だった。その間、タレント家業の傍ら脚本や小説の執筆にその才能を見せている。その一方でフライディー襲撃事件、16歳少女と関係を持ったということでの児童福祉法違反や後輩タレントへの傷害容疑で書類送検など、スキャンダルが多いのも確かだ。謹慎中に早稲田大学第2文学部への合格、2004年には同大政経学部政治学科へ再入学し、地方自治を専攻していた。この集中力、忍耐力、根性はそのへんの2世議員にはまねができない。

 当選を決めた彼が記者団に「宮崎県の夜明けの第一歩だ。重責をひしひしと感じている。これから私の真価が問われる」と語っていたが、まさにそのとおり。彼のブレーンがどの程度脇を固めているのかわからないが、彼のリーダーシップが忌憚なく発揮されることを大いに期待したいものだ。
[PR]
by jdmn | 2007-01-22 11:07 | 独り言
 おそまきながら新年のご挨拶から。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。あっという間に10日です。今年に入ってから3日の稽古始、先週土曜日からは通常の稽古日となり、もう正月気分はぬけましたが、皆さんはいかがお過ごしですか。

 稽古仲間の多くが今年、昇段審査を控えており、いっそう稽古に熱が入っております。六段、五段となれば今まで以上に厳しい審査内容が課せられるわけですが、それは承知の上でこれまで稽古に励んできたわけです。それでも審査に残念ながら落ちる人も出てくるのです。各自が昇段審査を控え、自らの課題を念頭に稽古に打ち込んでいます。いい結果を出したいものです。

 6日付け読売朝刊・投稿欄「気流」から

 当日「気流」のテーマは「今年にかける」でありました。何気なく目を通しておりましたら、「剣道具かついで東北へひとり旅」の題字に目がいきました。
 「新年の夢は、剣道具を肩に東北地方へ一人旅に出かけることである。中学教諭を退職して9年。以前から心に温めてきており、満を持しての旅になる。・・・・・・」

 投稿の御仁は福岡の小森さん、68歳である。素晴らしいではありませんか。本当に剣道が好きなんだね。「・・・・・・剣道を学んで60年。旅を通じ、自分の剣道が剣の理法の修練の集大成となっているかどうか確かめられれば、うれしいと思う。」と結んでいる。

 53歳の私がこれから何年稽古ができるだろうか、思わず考えてしまった。いやいや弱気は厳禁。まずは体力作り、健康管理です。そう考えるとまだまだ反省することは多い。飲みすぎ食べすぎ、メタボ対策不十分であります。今年も課題の多い年になりそうだ。

 今年はさらに「打ち込み」「かかり稽古」に時間をかけ、気を練る稽古につなげたいと思います。それと当サイトの「ほぼ毎日更新」を早く達成したいですね。一応目標に上げているのですが。

 

 
[PR]
by jdmn | 2007-01-10 14:38 | 独り言