剣道再開組の中年剣士が生活習慣病と戦いながら剣道修行


by jdmn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:通信販売( 3 )

 東京赤羽にあるおでん種の丸健水産さんは、創業50年の老舗。
 早朝に築地から仕入れた新鮮な魚や旬の野菜を材料に、おでん種を作る。
当然、手作りで添加物は一切使用していない。知る人ぞ知る名店である。とくに同店で作られるハンペンは、農林水産大臣賞を受賞したほどの一品である。

 店のかたわらにスタンドがあり、熱々のおでんをいただきながら一杯いただくこともできる。お酒を出すようになったのは、息子さんのアイデアという。
 「おでんにお酒はつきもの、おでんをおいしくいただいてもらうためにも」というわけである。

 ただし、赤羽一番街の中ほどに位置するお店は、地元の人は知っているが、あまり人目に付く場所ではない。そのときは商店街の人に聞けば、親切に教えてくれる。

 昔は人と人がぶつかり合いながら通った商店街もシャッターが下りたままの店も多く、なんとなく寂しい風情である。

 商売に前向きな息子さんは、「自慢のおでん種を世間に知ってもらうには」というわけで、最近力を入れているのがインターネットを利用してのネット通販である。

 ありきたりな食材でもネット通販で売れるツボは

1、創業50年の歴史
2、添加物を一切使用しない、手作り安全食品
3、築地から仕入れる新鮮な魚と旬の野菜が材料
4、農林水産大臣賞を受賞したハンペンが自慢のおでん種
5、NHK「男の食菜」でも取材を受けた名店
6、五色揚げ(ニンジン、ごぼう、長ネギ、玉ねぎ、桜海老)やスタミナ揚げ(にんじん、ニラ、もやし、七味)など、オリジナルな人気商品がある
7、会員入会すると、登録名だけで通販のお届け先が表示されたり、イベント情報や商品情報を知らせてくれる

 私の場合、たまに店のスタンドで若旦那とおでん談義をしながら、地元の岩淵酒造蔵の「丸眞正宗」で、おでんをいただくのが楽しみ。置いてあるのは、カップ酒と缶ビール、缶チュウハイだけ。すべて原価、つまり酒屋で売っている同じ値段である。

 夕方からは小腹をすかした勤め帰りのサラリーマンが、缶ビール片手におでんをほうばる。その肩越しに晩御飯のおかずにと注文する主婦の姿も。

「今日は掘りたての竹の子のてんぷらがあるよ」なんて言われると、即注文。立ち食いという庶民的なスタイルだが、なぜか粋な感じがするのは、若旦那のメリハリの効いた話しぶりとおでんの本物の味のせいかもしれない。

 人に話したくなるお店や行きつけのお店って、けっこうあるよね。そういうお店を数多く知っていることって、おでんの種ならぬ自慢の種になるのだ。
[PR]
by jdmn | 2005-10-24 11:40 | 通信販売

 ネット市場での売り上げ規模について正確な数字は把握しておりませんが、協会に加盟している一般の通販の売り上げ規模は約2兆8,000億円(日本通販協会調べ)です。一般の流通市場と比較してもそう大きいわけではありません。しかし、今日の私たちの消費生活のネットの普及とあいまって、通販の認知度はますます高くなっています。

 10数年前までの通販成長のトレンドは、衣料品でした。インターネットやテレビが媒体面の主力といえる現在は、化粧品や健康食品、ダイエット関連です。そうしたなかで景品表示法の強化、健康増進法の改正(誇大広告禁止)への関心が高まっているようです。

 通販協会でも折込みチラシの相談は前年比84%増。日本雑誌広告協会では一般的な広告の「掲載基準」があるものの、問題広告の排除は難しいといっています
 そのため厚生労働省では、ごていねいに「誇大広告を見破る九か条」なるものまで提示しました。

 昨年10月に厚生労働省が誇大広告として指摘した文言は、「即効性」「万能」「ガンが治った」「天然」「食品だから安全」「新しい科学的進歩」「ダイエットに効く」「特許番号○○番」などです。

 医薬品の同等の効果を信じさせる表示はだめ、毒素を含む天然成分が使われていたり、特許を受けていても効果が認められていないこともあるから注意、というわけです。

 健康食品はあくまでも食品、栄養成分含有表示のみ、効能効果の表示は一切できません。
 一定の医薬品的効能効果を表示できる保険機能食品、すなわち「特定保健用食品」「栄養機能食品」とは違う、というのがその理由です。

 日本の場合、法律や規制で決められているからと健康食品の置かれた立場が微妙です。アメリカでは国民皆平等の保険制度がないせいか、予防医学に積極的です。自然に健康食品についても認可されたものについては、ある程度の効能効果をうたうことは認められています。

 そのためか日本での健康食品市場の更なる拡大を期待する業界内では、相変わらずこの手の市場緩和は外圧に頼る以外には方法がないのかと言う声もあります。

 景品表示法違反を行った場合、警告や広告の排除命令を受けます。特定商取引法の規定違反で改善命令、従わないと100万円以下の罰金か業務停止命令を受けます。
 さらに悪質な業者の場合、業務停止命令を受けるとともに名前が公表されます。

 このうえ業務停止命令に違反すると、2年以下の懲役または300万以下の罰金となります。
 いずれにしても健康食品に限らず、通販における法的規制はよほどのことでないかぎり厳しい罰則規定はありません。
 違反企業は、まんまと儲けた金でまた新たな企業名で、登場してくるわけです。

 日本では薬事法で問題となる健康食品の広告は、行政から「お叱り」を受ける程度。違反の事実自体公表されません。その結果、「規制緩和」と「自己責任」のはざまで消費者だけが振り回されるのが現実です。

 分かりにくい表示や表現に惑わされることなく、安心して利用するためにも自分なりに情報を集めたり、成分表示に注意することは大切です。友人や知人の進めや紹介で情報を鵜呑みにすることだけは注意しましょう。
[PR]
by jdmn | 2005-08-07 18:10 | 通信販売
12月7日イドの神様に出ます

21日に「イドの神様」の収録がありました。悪徳業者にダマされないゾ、のサブタイトルがあるように、通販やリフォーム、葬儀などの悪徳業者の手口を糾弾するバラエティー番組です。私は通販業界をよく知るジャーナリストの立場で参加しました。通販企業やコンサルタントとともに、悪徳業者の手口や見抜くための智恵、業界の常識・非常識について他のゲストの方と意見を交わすというものです。

タレントの関根勤さんや島崎和歌子さん、俳優の北村総一郎さんなど芸能人の方々は回転が早く、時折笑いを交えて自分の経験を披露するのですが、台本もないのにかぶることもなく、カムこともなく、実に見事に笑いをとります。司会者の和田アキ子さんや中島知子さんの突込みも楽しく、本番にもかかわらず大いに笑わせていただきました。
肝心の私は、すべるはかむは、かぶるはでとほほです。

和田アキ子さんや中島知子さんの見事な進行ぶりには感心しました。進行台本はありましたが、本番では見ることが出来ません。それでも参加者の皆さんが実にタイミングよく的を得た回答をしておりました。
番組は12月7日(火)フジテレビで夜7時から放送です。
時間のある方はご覧になって下さい。
番組で紹介された悪徳業者の手口は、消費者を本当にバカにしているわけで確信犯です。騙すほうが悪いに決まっているのですが、最近では「自己責任」という言い方で、騙されたほうも悪いという傾向もあるようです。これってへんですよね。
[PR]
by jdmn | 2004-11-24 22:50 | 通信販売