剣道再開組の中年剣士が生活習慣病と戦いながら剣道修行


by jdmn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

これぞ生涯剣道     11月8日(木)

 私の稽古仲間のTさんが、ある講習会に参加しました。そのときの感想を紹介します。私達のような社会人剣士にとってもたいへんいいお話です。

 お話の主は清藤幸彦範士八段(奈良県剣道連盟相談役)です。先生は7歳から、親に無理やり剣道を習わされたそうです。本当は、野球がしたかったとのこと。

 先生は子供の頃、基本を徹底的に叩き込まれました。現在、77歳、今でも週に、朝稽古を2回、夜稽古を4回、そして1000本素振りは、毎日しているとのことです。

 清藤先生の講話 講義資料から、Tさんが感動した部分を抜粋して紹介します。

1.剣道の本義
★平常心の養成
  気力が先につながる。気と間で攻める。相手の変化に応じて打つ。決して自分だけの変で、  調子で打たない。

★打たれて修行する。
  早く我を捨てることによって、早く道筋に入ること。

★自分の一番好きなことをやっている様な気持ちで、楽しくやる。

★年令相応の稽古を行う。

★心は常に中央に、竹刀は中心をはずさない。

★心気力の一致
  心気力の一致とは眼に視、耳にきくところ、ただちに精神の働きとなり、精神の働きに応じて  咄嗟に技に現われ、その間円滑迅速にしてなんらさわりするところなきをいう。

 77歳の現役剣士、少しでもこの思いに近づいていきたいものです。
[PR]
by jdmn | 2007-11-08 06:21 | 独り言