剣道再開組の中年剣士が生活習慣病と戦いながら剣道修行


by jdmn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

英語で外国の剣士らと話せたら   9月20日(木)

 昨日、次期総理候補の福田氏と麻生氏が海外特派員協会で講演した。
留学経験のある麻生氏が英語で存在感をアピールしていました。ニュー
スでは細かな話の中身までは紹介されませんでしたが、日本のリーダー
の一人が英語でコミュニケーションできるのは頼もしいという感想だけが、
ニュースを見ていた茶の間には届いたことでしょう。

 剣道の世界でも海外で指導されている先生、あるいは派遣され現地に
赴かれる先生も言葉の壁は大きいと思います。

 以前読んだことがあるのですが、同じ内容でも顔の表現一つで意味が
変わることがあるのが外国語です。気持ちを表に表現するのが苦手な日
本人ですが、勘違いされることもあるようです。

例えばwho taught you? あるいはwho is your sensei?

 誰に教わったのですか?
 あなたの先生はどなたですか?

 という意味ですが、これらの表現をニコニコして話しかければ「こんな素
晴らしい剣道をどこで教えてもらったの」となりますが、ムッツとした顔で話
せば「一体誰がこんな剣道を教えたんだ」となってしまうそうです。

 ありがちな話でもあります。気をつけましょう。
[PR]
by jdmn | 2007-09-20 08:28 | 独り言