剣道再開組の中年剣士が生活習慣病と戦いながら剣道修行


by jdmn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中年の星41歳西澤タイトル防衛ならず 1月31日(水)

 中年の星、西澤ヨシノリ(41歳)ボクシング東洋太平洋王座の初防衛に失敗

 30日、東洋太平洋ライトヘビー級タイトルマッチ(後楽園ホール)で、王者の西沢ヨシノリ(41)は同級1位のヒース・ステントン(31)(豪州)に0―3の判定で敗れた。

 世界や日本のタイトルを含めた国内歴代最年長チャンピオンだった西沢が、初防衛に失敗した。国内の各マスコミは「日本ボクシングコミッション(JBC)は、11日に41歳になった西沢に対し、健康管理のための引退勧告も検討している」と、一斉に報じた。戦績は28勝(16KO)17敗5分け。

 実は西澤選手は、日本のプロボクシング界史上最高齢のチャンピオンだった(41歳・東洋太平洋ライトヘビー級王者)。今春、世界タイトルに挑むと宣言していたのだ。そのためにも今回の防衛戦は、何としても勝たなければならなかったのだ。

 ボクシング協会ではボクサーの定年は37歳と決められているが、チャンピオンの西澤は条件付きで定年延長が認められていたのだ。なんとその条件とは「負けたら引退」である。西澤には後がない。

 そんな彼の試合には、全国から中高年のファンが集まり、熱狂的に応援している。西澤の生き様と自らの人生を重ね合わせ生きる励みにしようというのだろうか。中高年ファンは彼を「中年の星」と呼ぶ。

 29日のNHKの番組でも紹介されていたが、スポーツ医学の専門医師によると、西澤の身体能力の分析を通して、中年になっても進化し続けているというから驚きだ。これも日頃のトレーニングの成果だろうか。

 毎日のランニングのなかでも3分の全力疾走を12回やる。試合と同じだ。筋力トレーニングも欠かせない。食事の際は左で食べる。そんな彼の左右の握力はほぼ同じ。腹筋や脚力、背筋は20代という。

 今年41歳の身体能力は毎年若くなっているというから驚きだ。専門の医師が言う。人間はどんなに年をとっていても鍛えればそれだけなんらしかの成長がある。
 
 ボクシングほど過酷なスポーツはない。その世界でひたすら自らを鍛え上げ、世界チャンピオンを目指していた西沢だが、惜しいかな判定負けである。倒されてKO負けならあきらめもつくが・・・。

 それはそれで彼の生き様は、私たち中高年の星であったことは間違いない。ひたすらトレーニングに打ち込む彼の姿は、けして忘れることはない。おっと、もしかしてまだ彼は挑戦し続けるかもしれない。あきらめるのは早すぎる。よくやった西澤。
[PR]
by jdmn | 2007-01-31 00:49 | 最新のニュース