剣道再開組の中年剣士が生活習慣病と戦いながら剣道修行


by jdmn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

国際剣道連盟GAISFに加盟承認  5月5日(木)

国際剣道連盟は、2006年4月7日にソウルで開かれたGAISF総会にて加盟が承認されました。GAISFは世界最大のスポーツ団体である。この承認によって、「kendo」の統括団体は国際剣道連盟であることが世界的に認知されたことになる。

GAISFガイスフ、General Association of International Sports Federations)とは、国際スポーツ競技団体、および教育的、科学的、もしくは技術的な側面でスポーツに対して貢献している国際組織が加盟している、世界最大のスポーツ団体である。1967年発足。本部はモナコのモンテカルロにある。  出典:フリー百科事典「Wikipedia」GAISF加盟団体101

 この承認にホッとしたのは全剣連でしょうね。同じGAISFに韓国の団体も申請していたらしい。韓国には「剣道の起源はわが国だ」と主張する組織もある。韓国の団体がオリンピックの競技として名乗りをあげ、なおかつ同団体が国際連盟の名の下で剣道の統括団体としてGAISFに認知されたらたいへんなことです。

 とくに今回の開催はソウルだったこともあり、緊張した。まさかとお思いでしょうが、世界的に見てまだまだ認知度が低いのが、意外にも剣道です。空手や柔道と違い、天と地ほどの差があります。

 全剣連が加盟を申請しなければどうなるか。オリンピック競技としての名乗りを前提に、韓国の世界剣道連盟が加盟を申請していました。

 オリンピックの競技として認められるには、GAIFの加盟団体であることが条件です。仮に韓国の団体が承認されれば、世界剣道の統括団体は韓国の団体となるのです。

 韓国にはいくつかの団体組織があります。同じ競技で競う一方、水面下ではこうした動きもあるのですね。

 わが国の剣道愛好家にとっては、オリンピック競技になるならないの話し以前の問題です。
[PR]
by jdmn | 2006-05-04 17:08 | 最新のニュース